2013/09/30

オッサンが風邪!?COLOさんも!?

なんてこった、どうやらオッサンが風邪ひいてるらしい。
(追記:COLOさんも!?みんな風邪に負けるな!!)

この時期の風邪はつらいです。
かつ、心身ともにボロボロになりつつあるので、なかなか治りません。
(去年、延々カゼひいてました)

効くかどうかはわかりませんが、最近、この記事を読んだのでリンク張っておきます。去年知ってれば実践したけど・・・。理論上はいけそうに思います。

アゴラ:風邪をやり過ごす安価で簡単な方法/山中 淑雄
風邪かと思ったら直ちにマスク(安物のガーゼのマスクの方が呼吸が楽)を着用し、さらに頸の前後に使い捨てカイロを1~3個セットし喉を加温し鼻腔を35度以上に保つというすこぶるシンプルな方法である。ウイルスは短時間には除去できないので、1~2日は就寝、仕事中にも着用すれば手遅れの風邪でも効果があり、勤務中でも実行可能、というのがよい。

【製図】本試験まであと2週間

初受験生からメールで直前の勉強の仕方について相談いただいたので返事をコピペしときます。

私はウラ模試でおおゴケした&最後のへんの学校課題でもやっちまっていた(打率10割に及ばず)ので、はずさないソーニングを見極めるべく、

・受験生模試解答を検証
 具体的には、アプローチとコア、吹き抜けに色塗って多数派を確認
 (やると一発でわかりました。去年は講習会で東京会場全案が配布されました)

ランク1図面を見る
 合格レベルをいま一度確認。

模範解答例をチビコマ化し、どのような構成になっているか書いてみる

・8月頃に入れた知識が課題をこなすとあやふやになっていたため、 計画の要点をざっと読み返す、空調、給排水設備をもう一度確認

・製図板ほか、製図道具を掃除(結構汚れてます)

・当日の持ち物リストを作り、準備。事前に買える物(ペットボトル)などストック。

・1週間前に風邪をひいてしまったため、本番にむけて休養

・体をほぐすため、整体へ


こんな感じですかね。

特に初受験組は学科からノンストップなので、気づかないうちに疲れがたまってきています。
くれぐれも、体調管理は気を付けてください。

2013/09/02

【製図】作図対策について tsukkyさん

ウラ指導、独学にてH24製図初受験合格者のtsukkyさんに、作図についてどのような対策をしたかを伺いました。合格者はみんなそれぞれ、工夫してるなぁ。tsukkyさん、ありがとうございました!!

以下、そのやり取りです。


お願いついでにもうひとつ。
受験生から、作図について問い合わせがあります。
tsukkyさんはウラ課題をどの程度作図していましたか?

私はウラ課題&模試は1案目提出のみ(時間的余裕ナシ)、資格学校で毎週6時間半ぶっ通しで作図していたため、「習うより慣れろ」的に、おのずと作図スピードはあがりました。また、同じグループの人から作図のコツなんかを聞けた&海豆DVD式も大きかったと思います。(定規使いのほうが早かったため、壁まで定規使用)

独学で作図する際、いつぐらいに6時間半におさまったのか、また、作図はどのように鍛えたか、教えていただけるとありがたいです。



tsukkyさん返信メール
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ウラ指導の課題は平均して2回ぐらい解きました。ただ、第1課題と第2課題は余裕がなかったのと、後になっては簡単すぎたこともあって、1回しか解いてません。
一方で第3課題は手応えがあるなあ、と感じたので条件をかえたりして最終的には3回解きました。

作図は海豆さんのDVDも見ましたが、実際に使えたのは柱の描き方ぐらいかな、という気がしました。

作図にかかる時間を細かく分けて、目標と実際にかかった時間を記録しながら、工夫していったことが役に立ったと思います。分類としては「寸法線・柱/壁・開口/外構/コア/伏図/断面図/ホール・家具/便所/文字」といった感じです。
(カエル注:分単位の時間管理です!)


かかった時間は例えば、去年9月2日は第3課題をやって、エスキス3h40、作図4h40、要点1h20、トータル9h40という結果でした。9月の17日に解いた第3課題2回目では作図時間が3h05になり、その後はコンスタントに3時間程度になり、その後はそれほど作図スピードは上がりませんでした。
(カエル注:去年の第3課題は作図MAX、難易度MAXでした。それでこの時間はスゴイ!!カエルは通常の課題は3時間で作図できていましたが、第3課題はエスキス9h/要点1h/作図5h=15hでした。第3課題は学科でいうところのウラ模試②でした

このこと自体は参考にならないかもしれませんが、これだけ細かく記録していったことは結構大事だった気がします。

 実は普段の仕事ではそこまで出来ていないのですが、実務でも、ある仕事について細かく記録し見返すことは仕事内容をよりよくしていく上でも重要な点だと思っています。

【製図】私論:王様不在のセミナーハウス

オッサン、nobutaさん、くじらさん、オッサンのブログでナゾなコメント残したまま、記事にできずにお待たせして申し訳ないです。


また、うまい言葉が見つからないため、混乱させてしまう可能性があります。うまい表現を思いついたらちょこちょこ更新するかもです。

初受験生、意匠設計者でない方、製図試験が何たるかをイマイチ理解できていない方(不合格理由が自分でわかっていない方)、読まないでください。

混乱の末、不合格になってもカエルは責任取りません。



2013/09/01

祝☆30,000ビュー突破

現在、ブログ開始後7ヶ月。ついに30,000ビューを達成。
10,000ビュー突破がブログ開始後3ヵ月のこと。

このまま行けば、ブログ開始から約1年となる年末あたりに5万達成かしら。
たくさんの方に見ていただいて、本当に嬉しいです。

また、ペンギンさんのメルマガやブログ海豆研究所博士さんのメルマガ合格物語最前線ニュース等で取り上げていただいた際には、ビューが飛躍的に伸びています。

この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございます。精進します。

カエル拝